受付時間

林整骨院 0725215175

マップ

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 動いている時に足のすねの辺りが痛い
  • 運動後にふくらはぎの内側辺りが痛い
  • じっとしている時でもすねの辺りが痛い
  • すねやふくらはぎの内側が痛くてスポーツができない
  • 病院でシンスプリントと診断された

シンスプリントとは?|泉大津市 林整骨院

すねの骨は脛骨(けいこつ)と呼ばれ、シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)」とゆう名称があります。

シンスプリントは名前の通り、脛骨(すねの骨)についている骨膜が過労をし炎症を起こしている状態です。

痛みはすねの内側の部分や、ふくらはぎの内側の部分に発生します。

初期では運動中や運動後に軽い痛みがあったり、運動前に痛みがあるがウォーミングアップや動いているうちに痛みがなくなるとゆう症状がみられます。

ひどくなってくると運動中、運動後の痛みが強くなってきたり、痛みで運動を中止するほどになります。

さらに進行すると運動中、運動後以外にも常に痛みがあり日常生活にも支障がでるようになります。

シンスプリントの原因|泉大津市 林整骨院

主に繰り返しの負担、使い過ぎが原因となります。

脛骨には前脛骨筋、後脛骨筋、ヒラメ筋、長趾伸筋、長趾屈筋などの様々な筋肉が付着しており、その筋肉を使いすぎたり過度の負担をかけすぎることにより筋付着部の骨膜部分に炎症を引き起こします。

発症のしやすい方の傾向

  • ・長時間走ったり、長距離を走ったりする方

  • ・ジャンプや急停止、急ダッシュを繰り返し行うスポーツをしている方

  • ・久しぶりに運動を再開した方

  • ・今までしていなかった運動を始めた方(中高生の新人選手など)

  • ・偏平足や回内足の方

  • ・身体全体の筋肉バランスの悪い方

  • ・急な体重増加をした方
  • ・硬い地面や状態の悪い地面で運動などをする方
  • ・クッション性の悪い靴でよく動いている方などがあります。

シンスプリントの対処法|泉大津市 林整骨院

発症の原因は基本的には使い過ぎ、過度の負担なので負担を減らすことが大切です。

運動量を減らすことや、痛みがひどい場合は運動の中止を行うことが必要です。他にはストレッチを行ったり、入念で正しいウォーミングアップやクールダウン、入浴、運動フォームの改善、クッション性のあるシューズやインソールの使用、炎症がひどい場合はアイシングなどがあります。

それらを行っても改善しない、改善を早めたい方は泉大津市林整骨院にご相談ください。

泉大津市林整骨院はシンスプリントに対する豊富な経験、知識、技術をもって対応しています!

泉大津市林整骨院のシンスプリントに対する改善方法|泉大津市 林整骨院

シンスプリントに関連する筋肉の負担軽減、筋肉のアンバランス解消のために泉大津市林整骨院では「スパイラルテープ」とゆうテープを用い、特殊な貼り方で症状の改善を図ります。

さらに筋膜リリース等の手技で下腿の内側の筋肉の緊張解消、脚全体の筋肉のバランス調整を行うのはもちろん、脚の筋肉の緊張は身体全体のバランスの乱れが影響していることが多いので、身体全体のバランス調整、回復力を高める施術を行い「早期改善」「痛みを繰り返さない」を目指して参ります。

シンスプリントの根本改善をしたい、シンスプリントでお困りの方は泉大津市林整骨院に是非ご相談ください!

お問い合わせ

林整骨院

0725215175

住所
〒595-0006 大阪府泉大津市東助松町2-9-8
アクセス
南海線「北助松駅」下車、徒歩3分
駐車場
5台完備

受付時間