受付時間

林整骨院 0725215175

マップ

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が痛む
  • お尻や足にしびれが出る・歩いていると腰や足が痛くなる
  • 立っていると腰や足にしびれや痛みが出る
  • 休んだり前かがみになると痛み、シビレがやわらぐ
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断された

脊柱管狭窄症とは?|泉大津市 林整骨院

脊柱管とゆう神経の通り道が背骨の変形、椎間板の飛び出し、靭帯の肥大などにより脊柱管を狭くして神経を圧迫することで下半身の痛みやシビレがでる病気と説明されています。

特によくある症状としては歩いていたり、立っていると下半身に痛みやシビレが出現するが、少し休んだり前かがみになったりすると下半身の痛みやシビレが軽減するとゆう症状が多くあります。(間欠性跛行)

さらにひどくなると筋力低下、マヒ、尿がでないまたは漏れるなどの症状がでてきます。

原因は老化や労働によるものといわれています。

治療としては運動などのリハビリ、コルセット着用、神経ブロック注射や神経の血行を良くする薬、そして手術…

さてここまでが一般的な脊柱管狭窄症の説明で、今までこれらが脊柱管狭窄症の常識と思われて来ました。

これらの常識によって多くの人が

「骨の変形が原因ならずっと痛みやシビレと付き合っていかなくちゃならないよね」
「手術は嫌だけどもう手術するしかないな」このようにお悩みになった方もおられると思います。

しかし!最近ではこれらの常識が非常識になりつつあるとされています!

泉大津市林整骨院では今までの間違った常識とは違った見方をし、脊柱管狭窄症による不安や恐怖を希望と安心に変えていきます。

脊柱管の狭窄が本当に痛みやシビレの原因?|泉大津市 林整骨院

ちょっとした骨の変形はほとんどの方にあります。顔のシミやしわのように変形は老化によっておこる自然現象です。

40代以上で約6割。

60代以上では約9割になんらかの骨の変形があるといわれています。皆さんの周りの60代以上の方たちの9割はきつい痛みやシビレを抱えているでしょうか?

さらに海外の研究でも・腰の痛みのない200人・急性腰痛を発症した200人・慢性腰痛の200人のレントゲンを撮ったところ3つのグループに骨の異常の差は見つかりませんでした。

つまり骨などの異常は痛みの原因ではないとゆうことです。

他の研究でも高齢者のMRIの診断で脊柱管の狭窄が70代で70%の方にみられ、80代で80%の方にみられた。その方たちの中で痛みやシビレなどの脊柱管狭窄症の症状がある方はなんとたったの1割のみだったのです。

他の9割の方は狭窄はあっても脊柱管狭窄症とゆう症状の出る病気ではないのです。

つまり「脊柱管狭窄症は痛みやシビレの原因ではない」とゆうことなのです。

痛みやシビレの原因と改善方法は?|泉大津市 林整骨院

脊柱管狭窄症と診断された方の痛みやシビレがある方の身体には共通点があります。

それは「身体の筋肉バランスの乱れ」と「自律神経バランスの乱れ」です。

泉大津市林整骨院ではそれらの原因に対して独自の施術でアプローチしていきます。

まず脊柱管狭窄症に対して正しい知識を理解して安心していただくために説明をしっかりとさせていただきます。

脊柱管狭窄症に対して恐怖や不安な感情、間違った知識があるとそれだけで脊柱管狭窄症の回復は遅くなります。

ですので、しっかり説明をさせていただき患者様が納得・理解をしてもらった上で施術を行っていきます。

そして特に脊柱管狭窄症の方の施術で力をいれる部分は「自律神経のバランスを整える」ことです。

自律神経の中枢は脳にあり、その脳が緊張状態になることで自律神経のバランスが乱れやすくなります。

泉大津市林整骨院ではその脳に対して、スパイナルアジャスターとゆう振動刺激を与える特殊機器の使用と頭や顔にあるツボ刺激、頭蓋骨の歪み調整を手技で優しく行い、脳の緊張をほぐし心地よく自律神経の正常化を促します。

その後、整体などで全身の筋肉バランスの調整を行います。

泉大津市林整骨院では、頭の先から足の先まで、そして心の部分も含め本当の全身施術により根本改善を図ります。

痛みや不調に左右されて毎日を過ごし、したいことを我慢している方の不安や恐怖を安心と希望にかえるために最大限のサポートを行います!

脊柱管狭窄症でお困りの方は是非一度、泉大津市林整骨院にご相談ください!

お問い合わせ

林整骨院

0725215175

住所
〒595-0006 大阪府泉大津市東助松町2-9-8
アクセス
南海線「北助松駅」下車、徒歩3分
駐車場
5台完備

受付時間