受付時間

林整骨院 0725215175

マップ

バネ指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 指の曲げ伸ばしのときに引っかかりがある
  • 起きた時に指が動かしにくい
  • 曲げた指を伸ばす際にカクっとなる
  • 指に腫れ感や熱感がある
  • 病院でバネ指と診断された

バネ指とは?|泉大津市 林整骨院

バネ指とは、指を曲げる時に働く「屈筋腱」とその屈筋腱が浮き上がるのを抑え、力を有効に伝える滑車の役割も果たす「靭帯性腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こし屈筋腱の一部や靭帯性腱鞘が腫れてしまいスムーズな指の動きができなくなった症状をバネ指と呼びます。

バネ指の名称は腱が腱鞘を通過する際に、腫れた腱や腱鞘が指を曲げた時に引っかかってしまいそれを伸ばす際にその引っかかりが外れてカクンっとバネのように伸びる現象からそう呼ばれています。

バネ指に多いのは起きた時に症状が強く、動いていくうちに症状がマシになる場合がよく見受けられます。

最初は軽い痛みや違和感だけなのですが、症状が進行していくと炎症が強くなって痛みがきつくなり、ばね現象も多く現れるようになります。そしてさらに症状が進行すると、指が全く動かせなくなることもあります。

バネ指の原因|泉大津市 林整骨院

①手指や腕の使い過ぎ

  • ・パソコン作業

  • ・指や腕に負担がかかるスポーツ

  • ・ピアノなどの楽器演奏

  • ・ハサミや物をつかんだり等の何かを握ったりする作業

  • ・縫い物などの手芸

  • ・主婦作業全般

これらの動作で手指や腕を使い過ぎることにより、腱や腱鞘に大きな負担が繰り返しかかり炎症が起こりやすくなってしまいます。

②ホルモンバランスの変化

  • ・産前産後

  • ・更年期

これらは特にホルモンバランスの乱れが大きく、ホルモンの影響で腱や腱鞘がもろく痛めやすくなったり筋力や血流なども低下します。

③関節リウマチや糖尿病

これらの病気は末梢の血行不良や炎症の起こりやすい状態になるので重症化や慢性化につながりやすいため注意が必要です。

バネ指の改善方法|泉大津市 林整骨院

・安静

使い過ぎが原因の事が多いので基本的にはまず安静です。テーピングやサポーター等を活用し負担を減らすことも有効です。

・マッサージ、ストレッチ、入浴

血流が悪くなることで痛みや症状が悪化するので血流を良くすることが大切です。しかしここで注意なのはズキズキ疼いていたり、痛みがひどい場合は炎症がきつくなっており血流を良くすることは逆効果になる場合もあります。

炎症がひどい場合は次の対策を。

・アイシング、湿布、痛み止め

これらは炎症を抑え痛みを軽減させます。しかし原因には対処していないので同じ生活を続けていると痛みがぶり返すことも多く、炎症を抑えるのと同時に安静なども必要になってきます。

・注射や手術

かなり症状が進行してしまった場合はこういった医療処置も必要となります。

副作用が出ることもあるのでここまでひどくなる前にしっかりとケアしましょう

上記を行って改善していけばいいのですがそれらを行っても改善しない、改善を早めたいという方は泉大津市林整骨院にご相談ください。

泉大津市林整骨院はバネ指に対する豊富な経験、知識、技術をもって対応しています!

泉大津市林整骨院のバネ指に対する改善方法

バネ指に関連する筋肉の負担軽減、筋肉のアンバランス解消のために泉大津市林整骨院では「スパイラルテープ」というテープを用い、特殊な貼り方で症状の改善を図ります。

さらに筋膜リリース等の手技で手指や腕の筋肉の緊張解消を行うのはもちろん、腕の筋肉の緊張は身体全体のバランスの乱れが影響していることが多いので、身体全体のバランス調整、回復力を高める施術を行い「早期改善」「痛みを繰り返さない」を目指して参ります。

指は生活していく上で必ずといって毎日使用します。

その指を思い通りに動かせないということは日常生活の質を著しく下げてしまう可能性があります。

バネ指の根本改善をしたい、バネ指でお困りの方は泉大津市林整骨院に是非ご相談ください!

お問い合わせ

林整骨院

0725215175

住所
〒595-0006 大阪府泉大津市東助松町2-9-8
アクセス
南海線「北助松駅」下車、徒歩3分
駐車場
5台完備

受付時間